専用サーバーレンタル

メモリ
次世代の専用サーバーレンタル! Windows,Linux,動画配信対応! 大容量で格安! RAID標準装備で信頼性抜群! フルマネージド専用サーバーレンタルで管理も全てお任せ
専用サーバーをレンタルでホスティングサービスのメモリー増設の勧め
専用サーバーホスティングのレンタルサービスのメモリー増設 ライトプランでは標準2〜4GB(最大4GB)、スタンダードプラン、マネージドプランでは標準4〜8GB(最大12GB)、プレミアムプランでは標準12GB(最大24GB)のメモリを搭載しています。CPUと同様、動作するソフトウェアやサイトへのアクセス頻度を考慮してメモリ容量を選択する必要があります。
専用サーバーホスティングのレンタルサービスのメモリー増設詳細

メモリ容量を決めるコツ
専用サーバーサービスをレンタルでホスティングのライン
一般的な用途では4GBあれば余裕を持って運用できます。但し、OSにWindowsを選択する場合には最低でも4GB搭載することを推奨します。メモリリソースを消費するのは基本的にOSを含む各種アプリケーションですが、ここでは具体的にどのようなケースでメモリが多く消費されるのか記載します。

  <アクセスが多い>
   ・ 人気サイトである
   ・ 複数サイトを運営
   ・ アクセスが特定の時間帯に集中する(プロモーションサイトなど)

  <データベースを利用>
   ・ 商品数の多いショッピングサイト等を運営
   ・ 顧客データベースなど規模が大きめのデータベースを利用

  <コンテンツ配信>
   ・ ストリーミング・動画配信などのヘビーユース

  <その他>
   ・ WindowsOSを利用
   ・ 高負荷アプリケーションを利用





* その他に、メガファクトリーではサーバーの複数台構成が可能です。


 

 

⇒メガファクトリーの専用サーバを全てのお客様に

⇒専用サーバレンタルならメガファクトリー