専用サーバー比較

専用サーバーとは
専用サーバーは共有サーバーとどう違うの?
専用サーバー比較! Windows,Linux,動画配信対応! 大容量&高速で格安! RAID標準装備で信頼性抜群! 専用サーバー比較・検討の相談を随時受付中!
専用サーバーとは
専用サーバーサービスをレンタルでホスティングのライン
共有サーバーの機能とスペックでは不十分な方へ
共有サーバーは、物理的に1つのサーバーマシンを複数ユーザーで共有するため、負荷を予測することが難しいと言えます。例えば、ある一人のユーザーの保有するサイトが何らかの理由で急に負荷が高くなるような場合には、そのサーバーの限られたリソースを特定のユーザーが限界値を超えて利用してしまうケースなども考えられます。商用利用のサイトを共有サーバーで運用し、他のユーザーによって自社サイトが重たくなって利用者が遠ざかってしまう事はビジネスチャンスを逃す事を意味します。又、別の問題としては共有サーバーは自由度が低いことが挙げられます。PHPやデータベースのバージョンが限られていることにより、利用できるアプリケーションや開発に必要なスキルまで制限を受けます。メガファクトリーの専用サーバーでは、物理的に1つのサーバーをまるごと提供するので、全く制限がなく大変自由度が高いです。



専用サーバーホスティングのレンタルサービスの大容量320GB大容量のハードディスク 最大1TB
一般的に、共有サーバーのディスク容量は概ね数100MB〜多くても数10GB程度です。しかし、ショッピングサイトやブログなどを運営しているといつのまにか画像やコンテンツが増えて規定の容量を超えてしまうこともあります。メガファクトリーの専用サーバーは標準で320〜1TB(*)の大容量HDDを搭載するので残り容量を気にしながら利用する必要はありません。
*プランによって標準搭載されるハードディスク容量が異なります。


専用サーバーホスティングのレンタルサービスの選べる回線帯域選べる回線帯域!
メガファクトリーでは利用用途に合わせて回線速度を選ぶことができます。一般的な商用サイトであれば標準装備の100Mbps共有回線で十分快適に運用できます。また、超人気サイトやストリーミング配信サイトなど高負荷アクセスのサイトには別途オプションで帯域保証サービス(2〜100Mbps)を用意しています。最初は100Mbps共有回線でサービスを開始して、様子を見ながら帯域保証サービスに切り替える事もできますので負荷状況が予測し難いような場合でも安心です。



専用サーバーホスティングのレンタルサービスのコスト削減一括管理でコスト削減
複数のサイトを運営すると、パスワードやIDがそれぞれに違うため管理が煩雑になりがちです。メガファクトリーではPLESKを標準搭載しています。 PLESKを使用することによりドメインごとに複数サイトを一括管理できます。視覚的に操作できるため、高度なコマンド知識は不要です。一つのサーバーに集約すれば管理コストを軽減することができます。


専用サーバーホスティングのレンタルサービスの自由にカスタマイズカスタマイズ自由、ソフトのインストールも簡単
共有サーバーはソフトのインストールやカスタマイズなどが制限されているサービスがあります。メガファクトリーの専用サーバーなら、root権限がついていますので自由にソフトをインストール、サーバーをカスタマイズできます。またドメインの追加も可能です。


専用サーバーホスティングのレンタルサービスの万全のセキュリティ万全のセキュリティ
メガファクトリーでは共有サーバーで使用されているウィルスチェックはもちろんセキュリティアップデート、ファイアーウォール、SSL証明書など常に最新のセキュリティ環境にすることで未然に被害を防ぐことができます。


専用サーバーホスティングのレンタルサービスの安心のサポートサービス初めての方にも安心サポート
専用サーバーが初めての方にも安心な無料サポートをご提供しております。導入のご相談や契約後の質問に専任スタッフが迅速にお答えします。

 

 

⇒専用サーバを全てのお客様に

⇒専用サーバ比較するならメガファクトリー