専用サーバーホスティング

ユーザー事例
株式会社SOBAプロジェクト
次世代の専用サーバーホスティング! Windows,Linux,動画配信対応! RAID標準装備で信頼性抜群! フルマネージド専用サーバーホスティングで管理も全てお任せ

ユーザー事例

株式会社SOBAプロジェクト

会社名

株式会社SOBAプロジェクト

URL http://www.soba-project.com/
ご利用プラン プロ割プラン(現スタンダードプラン
データセンター シリコンバレーデータセンター
オプション・その他 複数台構成

 

<企業情報>


SOBA(ソーバ)とは、Session Oriented Broadband Applicationsの略で、複数のユーザが多様なメディア情報を双方向で共有・享受することができるP2P(ピアツーピア)型ネットワーク・アプリケーションの総称である。SOBAプロジェクトは2001年京都大学を中心に、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学の研究グループと、NTTコムウェア及びオムロン株式会社により発足したSOBAプロジェクトを前身とし、文部科学省の支援を受け、SOBAフレームワークを基盤技術とした通信サービス/ソフトウェアの研究開発・販売を行っている。


会社情報  http://www.soba-project.com/04_company/
製品・サービス情報  http://www.soba-project.com/01_product/


ASP型テレビ会議システム「SOBA mieruka」


 

<メガファクトリーの専用サーバーを導入された理由>


「メガファクトリーの専用サーバーを導入した理由は、第一に値段です。サーバーを一台丸ごと借り切ることができ、完全にroot権限を渡してもらうことのできるサービスを数社検討していましたが、(最安値ではなかったものの)メガファクトリーの低価格は大きな魅力でした。
第二の理由は、カスタマイズ性の高さです。メガファクトリーではお申込み時にBTOのPCをカスタマイズするように、
・複数IPを手軽に申し込める
・メモリ容量やHDD容量の選択の幅が広い
・OSや回線の選択の幅が広い
等、弊社の希望に沿うものであったことが最終的な決め手となりました。」

開発部 白山様

 

<専用サーバーの用途について>


「弊社は現在、専用サーバー4台、計8IPにて契約させていただいておりますが、専用サーバーの用途は主に以下の3つに大別できます。

社内風景
・社内で運用していた数多くのサーバーのコスト削減
必ずしも社内に持つ必要のないサーバーの多くをメガファクトリーに移行させることで、効率的なコスト削減が実現できました。
・サービスの冗長化
セカンダリーネームサーバーやサーバ監視プログラムなどを社外に持つことで、よりサービスの冗長性、安定性を高めることができます。これらのサービスの冗長環境もメガファクトリーの専用サーバーで安価に構築することに成功しています。
・テスト環境
弊社ではテレビ会議システムを始めとする様々なビジュアルコミュニケーションサービスを提供させていただいており、これらのサービスのテストサーバーだけでもかなりの管理コストが掛かっておりました。これらもメガファクトリーの専用サーバーによって、大幅なコスト削減を実現することができました。」

 

 

 


 

 



 

 

⇒メガファクトリーの専用サーバを全てのお客様に

⇒専用サーバホスティングならメガファクトリー